まだまだ続くよ。どこまでも。 

「シミ対策クリームを顔全体に塗りたくるんだよ」
数年前、先輩(男)が言っていた言葉の意味が
その頃の先輩と同じ年齢になって、やっとわかりました(遅)


先日、叔父の誕生日だったので
ひっさびさに実家に電話をしました。



私と丁度2周り違う叔父。吉田拓郎好き。
叔父が20~30代の頃、キャンプなどに連れて行ってもらっていました。
ボロい車からはいつも拓郎。カセットテープだらけ。
夏休みは10日間くらいかけてキャンプへ。
すごいよなー、今の私位の年齢の時に
小学生のガキ2.3人つれて東北一周キャンプとかつれてくんだもの。
私にはできません(笑)
姪「お互い年とったね。あたしも来月31になるよ」
叔「まだ、がおる年じゃねぇよ」(まだくたびれる年じゃない)
だなーー!!なんつって二人で爆笑しました。


続いて父。
東京は物騒だから。と繰り返します。
確かにね。気をつけるよ。
父「元気にがんばらっしぇ。」(元気にがんばれ)
娘「ほーい。がんばりまーす。」
何歳になっても...いや。
兄弟で一番わけがわからない長女、かなり心配なんだろうなぁ(笑)
他兄弟とメールのやりとりだけはしとくように言われました。
あいかわらず腹減らしてんじゃねぇかーー?
なんて言われて二人で爆笑しました。


さらに母。
気になっていたおばあちゃんの具合。
よくなったそうで安心しました。夏には会いに行くぞー。
母「おばあちゃんも5月誕生日なんだよ」
娘「へぇ、何歳になんの?」
母「おばあちゃん、53って自分で言って"間違ったー"って大笑いしてね、83だよ。」
娘「83なの!?すっげー。オレ、あと50年位生きるってことじゃん!」
母「そうなんだよー。それ考えるとすごいよね。」
驚愕でした。まだ31年しか生きていないので50年だって未知。
しかも約プラス30。おばあちゃんすげー!
私らなんてまだまだだねーなんつって二人で爆笑しました。


なんだかすっごい笑ってばっかりだったんですけど。
ちょっと忙しい時間に電話をしたのですぐ済ませようと思ったのに。
でも久々に家族の声を聞くことができてうれしかったわー。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kmhp.blog2.fc2.com/tb.php/963-b3fe557a