個展まで妄想 

「タカハシ クミの原画展」

聞こえはいいが。
原画はもっぱらミスコピー紙やレシート、ノートのすみ、
紙の切れっぱしなので、どうなんだかー。

先日クボリンの個展の搬入をお手伝いしていた時
あたいもそろそろ個展やっちゃうかぁ~なんて
無責任な発言をぽやっと。
まぁやってみたいような怖いような。大きい絵もないし。
でも誰かが言っていた。
「個展の日にちを決めてしまえば、それように
 なにかしら用意するもんだよ。」
そんなもんだろうか。
きっちり個展にむけて大作を描く人、作る人、
準備する人には本当に申し訳ないが
きっと私の場合、切羽詰めた方がいいんだろうと思う。

予定はぜんっぜんありませんが
ちょっと展示方法などを考えてみた。


1「パネルにごわっと並べてみる」
大体どれもA5より大きいサイズのものはないであろう原画。
たどれば1999年あたりの原画から貼り出します。
切れっぱしなどが多い為、大変なことになりそうだが
これはこれで面白そう(え?)


km_kotemou070921_2.jpg
2「レシート裏原画を大げさに飾ってみる」
額の金額の方がずっと高そう。
レシートの印字が透けるのでは?との意見だが
黒い紙を下にしけば、問題解決(は?)


km_kotemou070921_3.jpg
3「原画を売ってみる」
過去に「レシート裏の原画をすごい価格で売っていたの見た」との情報。
名の通るイラストレーターならまだしも私のですから。。。
ではそのレシートの合計金額で売るというのは?という考え。
上のイラストの場合、
合計金額が700円なので、この原画も700円(高っ!)


km_kotemou070921_4.jpg
4「実演はしない」
描いているところを見られるのは得意ではありません。
どうしても描かなきゃいけない時は
弁当の蓋よろしく、隠します(意味ない)


km_kotemou070921_5.jpg
5「まぁちゃんとした原画もあるっちゃーある」
一応、絵の具で描いたものもございますので
それもちょこっとギャラリーすみの方に。。(すみ!?)


妄想は止まりません。
なんだかこれで個展をしてしまった感まであります。

まぁ今まで個展開催に踏み込めなかったのは
お客様を呼ぶ自信がないというのと
ギャラリーをお借りするお金が...ない..ということでしょうか。

でも企画展などに参加し始めてもうすぐ10年だし。
来年あたりやっちゃうかー!
原画展でなくても展示方法1はギャラリーのすみに実現させたいです。

ちなみに原画のクオリティは
上の妄想図とたいして変わりません(え~)



そんな本日のBGM
恋におちて 恋におちて
小林明子 (1991/12/21)
ファンハウス

この商品の詳細を見る

え?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kmhp.blog2.fc2.com/tb.php/825-97b23a10